おすすめ記事
統一QR「JPQR」普及事業の導入受付開始

乱立するQRコード決済!業者側としては多くのサービスがあり選べるのはよいことですが、利用者側として多くのQRコードのうちどれを利用するのが良いのか、またスマホには多くのQRコードサービスがインストールされ、店舗ごとに利用可否があるのは利用ハードルを下げる要因のひとつとなります。

今回はQRコードが統一化され、どのQRコード決済サービスでも同一QRコードで読み取り決済が可能となるサービスについて紹介します。

以下について詳細を記載します。

  • QRコード決済の今後について
  • 統一QRコードによってマイナポイントにもメリット

JPQR(統一QR)コードとは

「JPQR」は一般社団法人キャッシュレス推進協議会により策定されたQRコード決済の統一規格です。複数社ある決済QRコードを1枚のQRコードにまとめる(統一化)することで、1枚のQRコード(JPQR)で複数社の決済に対応します。

現在は数多くのQRコード決済において、各社それぞれのQRコードを読み取って決済を行う必要があります。

例えば・・・A社PayであればA社Pay用のQRコードを読み取る必要があり、B社Payを読み取ることは不可能でした。そのためレジには多くのQRコードが並び利用者もどれを使えばいいのか、店舗側も各QRコードを出せばいいのか手間が発生していました。

統一QRコードを導入することでA社PayもB社Payも同じQRコードを読み取ることでそれぞれ決済することが可能となります。

利用者側は使いたいQRコード決済サービスを利用し、店舗側はどのQRコード決済でも同じQRコードを読み取ってもらうことで決済が可能となるのでシンプルな運用となります。

利用可能な決済サービス

JPQRのメリット

メリットは利用者と店舗で分けて解説します。

利用者

  • QRコードを読み取る際にQRコードを選ぶ必要がない。

店舗

  • QRコードを読み取ってもらうのに決済会社の確認やQRコードを選ぶ必要がない。
  • QRコードをレジで読み込む場合も決済会社を選ぶ必要がない。
  • 統一QRコードに対応した決済会社であれば新しく導入する場合の初期コストが低い。
  • スピーディーな決済を行うことでレジの混雑を緩和する
  • マイナポイント付与にも対応しているため利用を促しやすい
  • 複数社のQRコード決済管理が一つの管理画面で確認できる

このように記載すると利用者側より店舗側の方がメリットが大きそうです。店舗側のメリットは利用者側にとってもスピーディーな決済となりメリットにもなりそうです。

QRコード決済の簡素化」が一番の導入メリットですね

いつから開始するのか

事業者の統一QRコードの受付は6/22から開始しています。

受付ページ:https://jpqr-start.jp/apply/

受付後審査があり、4週間程度でスタートキットが送られてくるようです。

届いたら初期設定をして利用開始です。

利用方法

利用者は特に何も意識せず、以下のステッカーが貼ってあるお店で利用可能となります。

 

JPQRとは事業者にメリットあり

まとめると以下の通りです。

  • 政府は、総務省 JPQR普及事業およびマイナポイント制度により店舗のキャッシュレス化を今年サポート
  • JPQRは、「統一QRコードにより、手軽に導入できる!」
  • JPQRは、「複数サービスへ一括申込可能!」
  • JPQRは、「マイナポイント+主要QRサービスの集客効果が 4 期待できる!」

2019年末のPayPayキャンペーンや、2020年6月末までのキャッシュレスポイント還元で多くの人がQRコード決済を始めるとするキャッシュレスを体験したと思います。

今後はもっと現金主義からキャッシュレス化の時代へと突入していくと考えています。

現金は衛生面や管理面などでのコストが非常に大きいです。

キャッシュレスを使わない人の声として「現金がなくならないとお金の管理が難しい」という意見もありますが、実際はキャッシュレスにすることで利用金額の合計、利用場所などはあっという間に集計・分析できるので非常に便利だと思います。

磁気ストライプカード、接触ICカード、非接触ICカード(前述)、QRコードやバーコードなど色々ありますが、どの決済でも残高が統一化され、送金手続きが簡略化されることで現金ではなく電子万ーが便利に使われることを期待しています。

 

おすすめの記事