おすすめ記事
【作業実績】サイトの常時SSL化対応(さくらサーバ利用)
スポンサーリンク

さくらサーバをご利用のクライアントからSSL化対応の依頼がありました。共有SSLでよいので常時SSL化したいとのことです。

作業内容について説明します。こちらの記事ではさくらサーバご利用時の常時SSL化の手順を記載します。

共有SSLの登録

まずはさくらサーバのコントロールパネルより、共有SSLの登録を行います。登録自体は時間が掛かりません。1時間程度あれば登録手続きが完了します。共有SSL登録後、サイトにSSLの設定が可能となります。

 

スポンサーリンク

サイトにSSLを適用

管理画面からSSL適用の設定を行います。

 

スポンサーリンク

サイトを常時SSL化

WordPressの新規プラグインを追加し、サイトをSSL化します。

プラグインは以下をインストールしてください。忘れずに有効化にしてください。

動作確認

サイト上の遷移はもちろんファイルのダウンロードや問い合わせなどが正常に動作することを確認します。

またURL覧の鍵マークが閉じている鍵になっていることを確認します。

まとめ

さくらサーバの常時SSL化はプラグインを使うことで簡単に設置できます。ただしサイトのページ数が多いとSSL化でサイトが重くなることもありますので、ページ数が多い場合は以下の設定を手動で行うことをお勧めします。

  • .htaccessでhttpからhttpsへのリダイレクト設定
  • サイト内のリンクをhttpからhttpsへの書き換え

そうはいってもプラグインひとつで常時SSL化となることはとても魅力的ですので、SSL化の時間があまりかけられない、サイト内のページ数が少ないという場合はプラグインを活用してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事