おすすめ記事
プログラミングスクール
スポンサーリンク

2020年より小学校でプログラミングの授業が必修科目となりました。
プログラミングについては馴染みのない科目となりどのようなものなのか、どのようにして勉強しているのかを解説します。
また子供がプログラミングを勉強するため楽しく学ぶにはどのような方法があるのかなども解説しますので、ぜひ最後までお読みください。
無料で参加できるオンラインプログラミング教室などもありますので一度体験してみるのも良いと思います。

プログラミングとは・・・

プログラミングとは、コンピュータに処理をするための命令文を作成すること、となります。
つまり、、、「入力された値がAの場合はOKのメッセージを表示、A以外の場合はNGのメッセージを表示」という判定処理を作成することです。
プログラミングをするためには数多くのプログラミング言語から1つ選択し、そのプログラミングの規則に沿ってプログラムを記載していきます。
※プログラミング言語:VisualBasic、C#、JAVA、Rudy、Phython、PHP・・・などなど。
それぞれのプログラミング言語に特徴がありますので言語を選択する場合にはどのような処理をするかをイメージしたうえで適切な言語を選択しましょう。
なお、ホームぺージ作成に使われる『Wordpress』はPHPというプログラミング言語で作成されています。

スポンサーリンク

小学校におけるプログラミング授業の役割

小学校で行うプログラミングの授業ではシステムを構築するわけでありません。通常システムは多くの処理(分岐処理や繰り返し処理、データベースとのやり取り)が
あって構築されています。
小学校で勉強するのはプログラミングの基礎となる、アルゴリズムの考え方となります。

アルゴリズムとは・・・

ある特定の問題を解く手順を、単純な計算や操作の組み合わせとして明確に定義したものとなります。

つまり物事を答えを出すときにより論理的な思考の上判断できるように学ぶものとなります。

論理的思考(ロジカルシンキング)とは・・・

物事に対して論理的に筋の通った思考をすることとなります。
ビジネスシーンでもよくつかわれますが、相手に自分の意図を説明する際物事を論理的に筋道を立てて話すをすることで相手に伝わりやすくなります。
ここでいう論理的・筋道とは聞く側の相手の立場になって考えることが重要です!

プログラミングの勉強をすることで物事を論理的に考えられるようになるということが最大の目的となります。

スポンサーリンク

プログラミングを学ぶメリット・デメリット

メリット

  • 論理的思考が身につく
  • ITリテラシーが向上する
  • プログラミング技術が身に付き将来的に役立てることができる

デメリット

  • 従来の勉強にはないもので勉強方法がわかりにくい
  • 論理的思考は考え方の本質が身につかないとわかりにくい

勉強方法

オンライン学習

近年ではオンラインを使った無料体験レッスンなどがあります。「【無料】自宅にいながらプログラミング体験|Tech Kids Online Coaching」や「楽しくわかりやすい授業で初心者も安心 小学生向けプログラミング教室【テックキッズスクール】」など無料体験を行った上で今後オンライン学習を使って学んでいくのか事前に確認することができます。

教材学習

教材を購入し自宅で学ぶことができます。参考書ではなくロボットなど実際に動くおもちゃを使ってプログライングを学んでいきます。

書籍学習

参考書を購入し自宅で学ぶことができます。小学生の問題レベルであれば参考書などでも学ぶことはできますが、やはりプログラミングを効率よく学ぶには
実際にプログラムを作成し動かしてみることになると思います。

まとめ

小学生でも学べるプログラミングの勉強方法はいかがでしたでしょうか。プログラミングを覚える基本はまずは自分で考えて動かしてみる!これに尽きると思います。プログラミングを行う環境作りは不慣れな人では少しハードルが高いこともありますので、オンライン学習や教材学習などを使い勉強しやすい環境を作ることが大切と思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事