おすすめ記事
ホームぺージのアクセス数を増やす方法4選
スポンサーリンク

ホームページを作成したけどアクセス数が上がらない!せっかく費用をかけたホームページをもっと活用したい!

そんな悩みを解決するためにアクセス数を増やす方法を記載します。どれも簡単な方法、かつ自分で行えることですので是非やってみてください。

ホームぺージのアクセス数を増やす方法

今回紹介する方法は以下の4点です。

  • SEO対策による流入を増やす
  • SNSによる流入を増やす
  • ホームぺージ内の情報を充足させる
  • 記事を投稿し情報を増やす
スポンサーリンク

SEO対策による流入を増やす

SEO対策とは

SEO対策とは、Googleなどの検索エンジンによる検索で検索結果表示順位を上位に表示するための対策となります。ホームぺージの流入元はほとんどがオーガニック検索と言われる検索による流入となります。検索エンジンの種類としてGoogle以外にもMicrosoftのBingもあります。ただし世界のシェアを見てもGoogle検索エンジンの使用率は9割近くとなっていることから、Google検索エンジン対策がSEO全体の対策といっても過言ではありません。

具体的にSEO対策を試みる

SEO対策は色んな項目があります。Google検索エンジンがホームページを評価するための基準について具体的な内容は発表していません。

そのため簡単かつ代表的なものを挙げたいと思います。

検索キーワードを選定する

各ページ毎にどんな検索キーワードで検索結果上位を取りたいのかを想定する必要があります。検索キーワードは何でもよい、というわけではなく検索数が多いキーワードを設定する必要があります。

検索数が多いキーワードを選ぶためによく使うツールは以下の通りです。

選択したキーワードをページのタイトルやh1、h2タグに使用する

検索キーワードを選定したら、そのキーワードをページの<title>タグや<h1><h2>タグで自然な文章のようにして埋め込みます。

例:本ページは「ホームぺージ」「アクセス数」→ホームぺージのアクセス数を増やすにはどうすればいいのか、という悩みを持った方に参照してほしいため、<title>タグは『ホームぺージのアクセス数を増やす方法4選』、<h2>タグは『ホームぺージのアクセス数を増やす方法』としています。

<h2>タグは他にも複数作成すると思いますが、タイトルに悩みを解決するための有益な情報を記載するとGoogle検索エンジンは有力な情報が掲載されたホームページとして上位に表示する傾向があります。

Descriptionを設定する

ディスクリプションとは検索結果が表示された一覧で、検索にヒットしたページのタイトルと説明文が表示されます。説明文に当たる文章をdescriptionと言います。

検索順位を上位に表示することも大切ですが、せっかく上位に表示されても説明文で検索した人の悩みを解決できるか判断できないと結果一覧からホームぺージにクリックされません。

そうならないように説明文でしっかりホームぺージの概要を説明し、読み手の意欲を掻き立てる文章にする必要があります。

Descriptionの設定はWordpressですとテーマによって記載場所が標準で搭載されていたり、プラグインを追加することで簡単に設定することができます。

All in One SEO Pack

スポンサーリンク

SNSによる流入を増やす

SNSとは?

SNSとはTwitter、インスタグラム、LINE、Facebookなど個人で運用できるソーシャルネットワークサービスです。

利用規模で言うと、LINE>Facebook>Twitter>インスタグラムとなります。

ターゲットとなる相手の年齢層によってもSNSを使い分ける必要があります。

SNSでどうやって流入を増やすのか

SNSではフォロワーを増やすことが重要です。どんな投稿をしても見られなければ意味がないのと同じように、フォロワーを増やすことで一度の投稿で多くの人に投稿内容を見てもらうことができます。投稿に記事のリンクを貼り付けることでSNSからの流入ユーザを確保することができます。

私がおすすめするのはTwitterです。

Twitterをおすすめする理由

以下の理由によりTwitterの運用をおすすめします。

  • 利用ユーザが多い
  • 拡張性が高い
  • 140文字以内という文字数制限が記事紹介に最適
  • プログラムによる自動運用可能

一つずつ説明したいと思います。

利用ユーザが多い

Twitterの利用ユーザ数はおおよそ4500万人と言われています。SNS流行りの駆け出しともいえるTwitterが今なお利用されていることから多くの人が利用していることの裏付けにもなります。利用ユーザは10代~30代と比較的若い年齢層をターゲットとしています。

拡張性が高い

Twitterではリツイート機能やお気に入り機能を使うことで多くのユーザに広まりやすい機能となっています。そのため有力な投稿はフォロワーからお気に入りやリツイートされることでより広まりやすくなります。

140文字という文字数制限が記事紹介に最適

Twitterは140文字までしか1度に投稿できません。記事のリンクを設置すると実際文字は120文字程度になります。これはホームぺージのDescriptionと近い文字数となります。インスタグラムやFacebookでは文字数制限がないためその投稿だけで記事が完結してしまいます。ところがTwitterは140文字までであることから投稿で記事の内容を全て記載することはできません。興味をそそる文章を投稿し詳細はこちらのリンクからというだけでTwitterからの流入を確保することができます。

プログラムによる自動運用可能

Twitterを手動で1件ずつ投稿するのはとても大変な作業です。リンク貼って説明文考えて投稿して、、、、そんな作業を楽にするためプログラムを使ってTwitterを自動運用することができます。プログラムはPHPを使ってTwitterAPIから投稿したりすることができます。またcronを利用することで予め設定したい投稿を定期的に投稿することもできます。

ホームぺージの情報を充足させる

ホームぺージの記載内容を足りていますか?

ホームページを閲覧する人は情報を求める人です。ホームページを作成するのは情報を持っている人です。ホームぺージに記載されていることは情報を求める人がわかるような内容となっていますか?情報を持っている人からすると当たり前のことは求める人にとってはわかりにくい言葉や説明だったりします。そのため一つずつかみ砕いて難しい用語は使わずに説明するとホームページの情報が充足します。

また冗長的な文章は結果がわかりづらくなります。

わかりやすく文章を書くためのコツをしっかり調べて上で記載しましょう。

記事を投稿し情報を増やす

ホームぺージは作成した時点でスタートです。そこからアクセス数を見たり世の中のニーズに合わせてホームぺージの情報を最新化していく必要があります。

そのためホームぺージの一部機能はクライアントが自身で更新・投稿できるような仕組みを最初に準備しておく必要があります。

WordPressの投稿機能は色んな活用方法がありますが、ホームぺージの趣旨に沿った投稿を日々続けることで集客力のあるホームぺージへと成長していきます。近年ではWordpressの投稿機能を利用したブログを使ったホームぺージは数多く存在します。周りのホームぺージが成長している中で自身のホームぺージに手をつけないことは周りから置いて行かれることになります。

また記事を投稿する際にはホームぺージ作成と同じようにキーワードを選定し、<title>タグや<h>タグに利用することでより集客するための情報を掲載することができます。

まとめ

以上がホームぺージでアクセス数を増やすための方法ですが、いかがでしたでしょうか?

アクセス数を増やすことに一夜で増えることはありません。地道にコツコツ作業をしたものだけが救われる世界と思っています。

作業自体は難しくありませんが、継続して続けることはとても大変なことです。

継続は力なり!まさにブログの世界にはピッタリの言葉ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事